榎本栄

ごあいさつ

フラメンコプーロ代表の榎本栄です。

数あるホームページの中から、今このホームページにたどり着き、読んでいただいていることに、ご縁を感じます。

 

スペインの踊りの中でも、

特にセビジャーナス(【Sevillanas】スペイン春祭りの踊り)は、言葉がしゃべれなくても、目と目を合わせ踊ることで、言葉を超えたコミュニケーションがとれることも、

魅力のひとつです。

 

私は、独自に編み出した方法で、

毎年、上智大のフラメンコサークル新入生約10名が

3ヶ月間で、舞台にたてるよう指導しております。

足のステップおよび、手の振り付け、

セビジャーナス1番~4番まで、

舞台ではみな、自然と笑顔がこぼれ踊れています。

 

これは、誰にでも可能なことです。

個人指導なので、人と比べることなく、

自分の一番やりたいペースで、学べます。

是非皆様にもフラメンコの魅力を体感して頂きたいと思っております。

 

← 榎本栄のAmeba ブログ

 榎本栄のフェイスブックはこちら

(フレンド申請歓迎です!)

 

これからも、人々が、 “ 今 ” を イキイキ 生き続けられるように

フラメンコ や ヨーガ を通して  宇宙 との 繋がり を伝え続けて生きます。 

 

プロフィール

榎本栄
榎本栄

3歳からクラシックバレエ、11歳でスペイン創作舞踊、

13歳より小松原庸子スペイン舞踊研究所に入所。

フラメンコを学び始める。

 

1988年

小松原庸子スペイン舞踊団員として活動。

日本全国ツアーで、多くのスペイン一流アーティストと数々の公演に出演。

スペイン公演のため、何度も渡西する。

タブラオ  パティオ フラメンコ

(スペイン料理を食べながら、フラメンコショーが観られるレストラン)にも

毎週ソリストとして出演のかたわら、渋谷東急プラザなど、

いくつかのカルチャーセンターなどでクラスを受け持つ。

 

スペインにて、ビエナル・デ・アルテ・フラメンコ

小松原庸子スペイン舞踊団員として、

 “私はフラメンコを選んだ” に出演。

 

1992年 2月~

1年間 スペイン留学。帰国後も団員として活動。

 

1996年

結婚を機に舞踊団を卒業。

 

1997年 7月25日

結婚。

 

1998年 9月

ハタ・ヨーガ

荻窪 友永ヨーガ学院 友永淳子院長と出会い、

ヨーガの素晴らしさを体感する。

 

2001年~

本場スペインのアーティスト、HiniestaCortes(イニエスタ・コルテス)を

定期的に招いて全国のプロ、アマのためのクルシージョ(講習会)を

プロデュース。

 

2003年~2006年

友永ヨーガ学院 友永淳子院長のもと

第7期生 指導者養成コースにて

3年間集中してヨーガも学ぶ。

 

2006年

週2回以上のヨーガレッスンが続き、結婚9年間目にして、

待望の赤ちゃんを授かりながら指導者養成コースを卒業。

その後、ヨーガ指導者としても活動開始。

フラメンコレッスンでも、心身のリラックスと集中力を養うためヨーガを取り入れ始める。

 

2007年9月21日~

フラメンコプーロを立ち上げ。

母と子のフラメンコ教室を開催。

 

2011年5 月~

上智大学フラメンコサークル講師を依頼され、サークル指導スタート。

 

2012年~

親子(パパ子)フラメンコ教室も開催。

 

2015年9月

HiniestaCortes(イニエスタ・コルテス)を

スペインより招いて

全国のプロ、アマのための

クルシージョ(講習会)vol.11を開催。

 

2016年12月

INMA ARANDA(インマ・アランダ)

パルマ教室 vol.1を開催。

 

2017年7月22日(土)

ラクレット&セビジャーナスの会を開催。

日暮里 シャレー スイス ミニ にて

 

 

 ライブ活動もしている。                 写真:大森有起